ソフトバンク光の評判 利用するメリットとデメリット

 

「光コラボ」って聞いたことありますか?インターネットを使っている場合、多くはフレッツ光回線を引いて、プロバイダーと契約していることが多いと思いますけど、最近各プロバイダー会社が光回線料金とプロバイダー料金を一緒にしてお安くしちゃいます!ってサービスを展開し始めました。

 

それが所謂「光コラボ」です。
そしてこの記事を書いている私、某光コラボのカスタマーサポートをしていました。

 

『光コラボを検討しているけど、どんなサービスかよくわからない…』
『速度遅いんじゃないの?』
『スマホ料金とセットにできない?』
といった、光コラボを検討しているお客様のお問合せや、

 

反対に光コラボを利用中で、不具合やサービスについてのお叱りの声など、様々なお問合せに対応していた私の視点から、今回はソフトバンクが提供している、「SoftBank光」についてメリットとデメリットを語りたいと思います。まずはデメリットや実際にコールセンターで受けたクレームから紹介します。

 

SoftBank光のデメリット

 

1、サポートセンターがつながりにくい

 

そんなSoftBank光ですが、良いところばかりではありません。先ほど挙げた、「問い合わせ窓口が一つで済む」という利点もありますが、サポートセンターに電話がつながりにくいという声が多いようです。

 

光コラボのカスタマーセンターの経験がある私、この手のお客様からお叱りの声を受けたことが多々あります・・・。そういう時の為に大体メール窓口もありますが、メールの返信も2、3日かかることも。

 

『何回電話をかけたけど、全然つながらない!』
『メール送ったのに全然返事が来ない!どうなってるんだ!』

 

というお声をいただき、
(人員が少ないから仕方ないんです…メール窓口と電話窓口は別なんだから、私に言われても…)と思いながらひたすら平謝りしていました。

 

サポートセンターの人手不足は、SoftBank光に限らず、どの光コラボやプロバイダー事業にも共通していえることだと思います。

 

光コラボ、料金は安いし魅力的なサービスですが、料金や割引を充実させる前にアフターフォローのシステムをもう少し手厚くしてもいいと、私個人は思います。人増やしてくれないと、大変なんです、コールセンターで働く人も・・・。

 

2、解約する時の注意点

 

また、これも光コラボ全体にいえることですが、SoftBank光を契約したとしてもし途中で他社光コラボに移りたいと思っても、それは転用手続きとならず、SoftBank光解約→他社光コラボと新規契約 という形になります。

 

これどういう事かと言いますと、
これまでNTTフレッツ光回線とプロバイダー別々に契約していたのを、SoftBank光の場合、回線も含め全てソフトバンクとの契約となります。

 

もし他社光コラボに移りたいと思っても、転用=現在の契約全てが解約となりますので、自動的に光回線も解約になり再度光回線の工事をしなくてはなりません。

 

ですので、転用先の手続きも、乗り換えではなく新規。新規契約の手数料や工事費まるまる取られちゃいます。短期の契約で様子を見て、見切りをつけたら他光コラボへ転用!といったことが気軽にできない仕様になっています。

 

これかなり損だし、デメリット大きいですよね。実はこれも、たまに来る問い合わせ事項でした。

 

他社光コラボへ転用希望のお客様から、『光コラボから光コラボへの転用がダメなんて聞いてない!元は同じフレッツ回線なのに、工事費をまた払うなんておかしいだろ!』なんて言われたりするんですが、いやいやちゃんと規約にも書いてあります・・・。

 

とはいえ、お客様から問い合わせが来るということは、それなりの弊害となっているかと思いますしこの点が改善されれば、光コラボはより良いサービスになるのかなと思います。

 

とにかく、料金の安さや手続きの手軽さに惹かれる光コラボですが、その光コラボのサービスが本当に自分に合っているかよく考えてから契約したほうがよさそうです。

 

 

 

1.SoftBank光のメリット

 

SoftBank光は、所謂光コラボと呼ばれるサービスで、冒頭でも説明したように、フレッツ光回線+プロバイダーサービスを一元化したサービスです。

 

基本的には、今使っているフレッツ光回線をそのまま使うので、回線速度はほとんど変わりありませんし、工事費もかかりません。更に、回線事業者とプロバイダーが一緒になるので、問い合わせ窓口が一つで済むし、支払いも一緒なので楽ちんです。

 

インターネットの不具合の時、NTTかプロバイダーどっちに問い合わせたらいいの?という経験をした方にはとてもいいかもしれません。

 

そしてここがSoftBank光最大のメリット。

 

ソフトバンクと言えば、携帯サービスですよね。ソフトバンクケータイを使っている人だと、最大毎月2,000円割引となり、2年間で48,000円割引となります。

 

携帯とセット割引を行っている光コラボはたまに見かけますが、SoftBank光は特に割引額が大きく、ソフトバンクを利用中の方にはぜひオススメとなります。

 

まとめ

 

以上、メリットとデメリット双方の要素がある光コラボですが、やはり従来のフレッツ光+プロバイダーよりも割安、しかもSoftBank光の場合、携帯とのセット割引があるという点ではコスパが高いので、おすすめなサービスとなっています。