SoftBank光の評判や料金

 

最近、大手携帯会社では光回線サービスに力を入れています。とくに話題となったのが「SoftBank光」です。

 

SoftBankが提供する光回線サービスなのですが、その特徴として気軽に契約できること、スマートフォンとのセット割引があること、などがあります。SoftBank光を検討する際のポイントをまとめます。

 

 

SoftBank光の特徴

 

自宅で光回線が利用できる固定回線サービスです。
回線自体はNTTからSoftBankが借り受けて提供しています。つまり通信内容はNTTのフレッツ光と同じです。

 

外出先でも自宅でもネット利用が多く、SoftBankの携帯電話を持っている人にメリットがあります。

 

SoftBank光のメリット

 

SoftBankが運営しているだけあって、SoftBankのスマートフォンや携帯電話の利用者にはセット割引が適用されます。

 

例えば、携帯電話がデータ定額パック・大容量(10GB)の場合、毎月2,000円の割引が2年間受けられます。家族がSoftBankを使っていると全員分割引が適用になります(最大10台まで)。もし、SoftBank携帯を4人家族全員で使っている家庭なら、最大2,000円の割引が4人分、毎月合計8,000円もお得になります。

 

SoftBank光の管理運営はすべてSoftBankが行っています。申込みの手続きも利用中の相談や支払先も、すべてSoftBankのみで済むのでとても便利です。さらに、現在、フレッツ光を使っている人なら開通工事もなくそのままSoftBank光に移行できます。フレッツ光の解約に当たっては違約金も発生しません。

 

 

SoftBank光の評判

 

利用中のユーザーの生の声を集めてみると、好意的な意見もネガティブな評判もさまざまありました。とくに高い評価なのが「スマホとのセットの割引適用で通信費全体が安くなった」という料金面での評判です。

 

一方、「相談したくてサポート窓口に電話をしてもつながりにくく不便」という意見もあります。

 

サポートの充実度は利用者にとって使いやすさに大きな影響を与えます。こうしたネガティブな声が聞かれるのも仕方ないかも知れません。ただ、SoftBank光がサービスを始めた当時、人気によって申込みが殺到した時期がありました。契約の手続きが遅れてトラブルになったり、サポートの対応も後手に回ってユーザーに不満があったのも事実です。現在は状況も落ち着いていて手続きや開通工事もスムーズに進んでいるといわれています。

 

このように、実際のユーザーの声からは、SoftBankで携帯電話を利用しているととてもリーズナブルになるので料金的な満足度が高いことがうかがえます。反面、サポートのサービスには不満もあるようですが、運営側の努力もあって苦情のような意見は少なくなっているようです。

 

 

SoftBank光の速度

 

固定回線での高速通信の目安となる最大1Gbps(1,000Mbps)をクリアしています。これはSoftBank光の公式サイトでも確認できます。

 

同じ光回線ですが数年前まで主流だった100Mbpsタイプと比較するとその高速さがわかります。

 

およそ4G(HD画質の映画1本分に相当)のファイルをダウンロードするとき、100Mでは約5分30秒掛かりますが、SoftBank光ならたった約33秒です。単純計算で下りスピードにおよそ11倍もの開きがあります。

 

当然、1Gというのはあくまで理論上の最大値のため自宅の回線状況や使用する機器によって速度は変わります。しかし、あくまで高品位といわれるNTTフレッツ光と同等の回線を利用したサービスなので、フレッツ光の使用感と大きな差は生まれないと考えられます。

 

 

SoftBank光の料金

 

初期費用

 

初期費用は契約事務手数料3,000円のほか、開通工事の方式によって掛かる工事費用となっています。もし、フレッツ光を現在利用中の家庭やマンションなら、工事費用の発生はありません。

 

光回線を新たに引く場合、派遣工事の有無によって3つの工事方式から工事業者が指定します。

 

 

月額料金

 

毎月の基本料金は戸建てかマンションかによって、さらに24ヶ月の自動更新プランかどうかによって異なります。

 

マンション(集合住宅)の場合
自動更新プラン(24ヶ月) 月額3,800円
自動更新なしプラン 月額4,900円

 

戸建ての場合
自動更新プラン(24ヶ月) 月額5,200円
自動更新なしプラン 月額6,300円

 

ここでいう自動更新プランとは携帯電話契約での2年縛りのようなものと考えればいいでしょう。

 

 

お得なキャンペーンはある?

 

光回線の新規契約というと高額なキャッシュバックがもらえるケースが多いものです。しかし、SoftBank光にはキャッシュバックによる特典は用意されていません。その代わり、スマート値引きというスマホの利用料金が安くなるキャンペーンがあります。

 

現在、フレッツ光を利用中なら申込先はSoftBank光の公式サイトか家電量販店などになります。

 

一方、フレッツ光を利用していない人なら、一度フレッツ光に新規契約をして、その後、改めてSoftBank光に申し込むという方法がお得です。フレッツ光からSoftBank光への切り替えはフレッツ光への解約金も発生せずに高額キャッシュバックがもらえるからです。(転用時に3,000円の手数料は発生)

 

この方法を使う場合、Yahoo!BBをプロバイダに選ぶと違約金の発生もないので安心です。

 

 

実際の申し込みの流れ

 

SoftBank光に申し込む際の流れを新規契約とフレッツ光からの転用に分けてご紹介します。

 

新規契約の流れ

 

1.SoftBank光公式サイトから申し込む
提供エリアに自宅が含まれているかチェックをしましょう。また、マンションに住んでいる人は不動産会社にSoftBank光が利用できるか確認しましょう。

 

2.契約条件を確認する
申し込み後に受け取る契約内容の確認事項や回線工事の日程を確認します。

 

ここで大切なのは初期費用についてです。とくに開通工事費用は住んでいるマンションや戸建てによって料金が異なりますので必ずチェックします。

 

3.開通工事
都合のよい日にちを回線工事業者と調整して、当日開通工事をしてもらいます。

 

なお、SoftBank光では開通工事の完了日が課金の開始日となっていますので注意しましょう。

 

4.パソコンやスマホの設定をする
自宅にあるパソコンやスマートフォン、タブレットなどのネットワーク設定を行えば、光回線が利用できます。

 

 

フレッツ光からの転用の流れ

 

現在、フレッツ光を使っている人はNTTへの電話1本さえ済ませれば、あとはSoftBank光の公式サイトから申し込むだけで利用がスタートできます。

 

なお、フレッツ光の開通工事で残債が残っている場合は転用先のSoftBankから請求が引き継がれます。

 

 

解約の流れ

 

解約はサポートセンタに電話で受け付けています。SoftBank光と合わせてYahoo!BBの解約もすると、メールアドレスも使えなくなるので注意します。

 

なお、24ヶ月の自動更新プランで契約した人で、最低利用期間を待たずに解約する場合は、違約金9,500円が発生します。違約金は2年目の更新月以外で解約した場合も同様です。

 

光回線を使うに当たってレンタルしたネットワーク機器はサポートから返却方法の案内があります。返却するまでレンタル料金が発生するので、必ず手順に沿って返却してください。

 

まとめ
SoftBank光は手軽に高速の光回線が引けるサービスです。とくにSoftBankの携帯電話を使っている人にはリーズナブルに利用ができます。